ブログ

【お知らせ】7月1日よりOSGがオンライン展示会「OSG Web Showroom」を公開!

200701

現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、主要展示会が延期もしくは中止されるなど、業界では多くのビジネスチャンスに暗い影を落としています。

また、展示会に限らず、対面型セミナーや地区講習会なども軒並み中止せざるを得ない状況となっており、加工に携わる方々の〝新技術情報〟を獲得する場も困難であることを受け、オーエスジーでは、アフターコロナや、ウィズコロナの世界では、時間や場所に縛られることのない、デジタル体験が重要視されると考え、『OSG Web Showroom』を企画しました。

このオンライン展示会の特長は、〝まるでブースに展示された製品を眺めるように〟Web上でカタログや動画といった製品情報にアクセスできること。

同社では、「お客様とのコミュニケーションを重視したいろんな機能を取り入れています。」とコメントしているとおり、一方的に製品をPRするのではないとことも魅力のひとつ。

「ブースを訪れたお客様と対話をすることこそが、展示会に出展することの価値。」と考えている同社では、この『OSG Web Showroom』でも訪れたお客様とのコミュニケーションをとることができるチャット機能を用意しています。

しかも、ブース内のスタッフと会話するような気軽さで、工具や加工に関する相談ができるとのことに加え、有人チャットの対応は専門知識を持ったカスタマーサポートスタッフが担当するので、とっても安心。

工具選定や切削条件の算出だけでなく、加工方法や機械搭載などの幅広い問い合わせに対応できる体制を整えているとのこと。チャットボット機能により、探している情報に素早くアクセスできるチャットを構築しています。これは便利!

無料オンラインセミナーも開催

同社では、展示会では多くのセミナーが開催されるため、教育の場としての側面も重要であると考えており、『OSG Web Showroom』では、Zoomを使用した無料オンラインセミナーを開催するとのことで、こちらでは、〝最新工具を使用した新しい加工提案〟を皆様に届けてくれます。

具体的には、工具の開発エンジニアが講師を務め、チャット機能により質疑応答にも対応。東京や大阪などの会場に足を運ぶことが難しい地方在住者にも、受講可能なセミナーとなっています。セミナーにはZoomを使用し、カメラやマイクといった特別な機械も不要なのが嬉しいですね。普段から使用しているパソコンまたはスマートフォンから視聴可能なので、場所を選ぶことなくセミナーに参加できる手頃さも魅力です!

「OSG Web Showroom」 経由のWebセミナー開催スケジュール(予定)

●7月8日(水)
「OSG Web Showroomセミナー:新製品のご紹介」
●7月15日(水)
「OSG Web Showroomセミナー:最新の金型加工のご提案」
●7月22日(水)
「OSG Web Showroomセミナー:高硬度鋼用底刃付きスレッドミルAT-2のご紹介」
●7月29日(水)
「OSG Web Showroomセミナー:AAA(A-TAP、A-DRILL、A-END MILL)のご紹介」


 


同社では、今後もWebセミナーの拡充に注力する方針で、各地区の営業が企画する地域特性を生かした地区講習会や販売店向け・ユーザー向けといった個別セミナーを、今後はWebセミナーでも開催していくとしています。

また、会員数1万人を超えるOSGオフィシャルメールマガジン『OSG E-mail倶楽部』のコンテンツを活用したランチタイムセミナーを開催するとのことで、こちらのランチタイムセミナーはメールマガジンの発行にあわせて毎月開催予定。同社では、「ランチタイムの15分間を、肩肘張らないちょっとした学習の時間として、ラジオのように聞いて楽しいセミナーをお届けしていきます。」と、現在、新たな展示会のスタイル『OSG Web Showroom』により、今後も高品質・高性能な製品および充実したお客様サポートを提供するとしています。今後の展開に要注目ですね!

【取材こぼれ写真】水谷社長の初のセロス

現在製造現場ドットコムのTOPには、大平工具製作所さんの記事が掲載されております。
今回、画面のレイアウト上、掲載できなかった写真がひとつありました。

本年、同社は、DMGMORIの「NLX2000/500」を新規導入したことに伴い、制御装置も水谷社長にとっては初の「CELOS(セロス)」なんですって。

先ほど、大学と共同研究を行っているH社長が、うまいことをおっしゃいましたのでご紹介したいと思います。

痛くなったらすぐセデス♪
臭くなったらそりゃヘデス♪
上手くなったらそれセロス♪




吹きましたwwwwwwwwww

【セミナー】サンドビックが「次世代アルミ合金フライス加工オンラインセミナー」を開催

サンドビックが「次世代アルミ合金フライス加工オンラインセミナー」を開催します。
オンラインで行われるため全国どこからでも参加が可能!

■日程
① 6月23日(火) 10:00~11:00
② 6月23日(火) 16:00~17:00
③ 6月24日(水) 10:00~11:00
(*3回とも同じ内容)

↓詳細と申込みはこちら↓
https://go.sandvik.coromant.com/sasea-jp-2006-wbn-live-00-registration_…

待ち望んでいたわ!

東京アラートも解除され、先日、電車に乗りましたが、通常に近い状態に、世の中が動き出した実感を味わっています。

話はがらりとかわりますが、現在、メインで使用しているデスクトップPCはカメラが外付け仕様。別途にカメラを注文していたのですが、待っても待っても到着せず・・・・つい先日、やっと届きました。

何ヶ月も待ちました

やっぱり、大きい画面で拝見するほうが良いですね。
リモートでもご相談や呑み会を承っておりますので、ご要望があれば、ご一報くださいませ☆

ただし、リモートの場合、いつものイメージとは違った私が出てくることがありますのでご了承ください(笑)

現在、製造現場ドットコムのバージョンアップが大詰めを迎えております。システムに不慣れであり、モタつく可能性が大きいです。いや、モタつく、と言い切って良いでしょう。皆様にご迷惑をおかけする可能性がありますが、ぬるい目で見守っていただけると嬉しいです。申し訳ございません。

コロナ禍の中、設備投資とはなかなかトホホな展開ですが、計画していたことなので、もう、突っ走るしかありません!

真っ白だったスケジュール帳も、少しずつですが埋まってきており、まずは、このコロナ禍の中で甘えきった肉体に喝だ! 

では、本日は月曜日。週初めですが、皆様がどうかハッピーに過ごせますように☆

牧野フライス精機が動画に注力! 

牧野フライス精機が最近、動画のコンテンツも充実させているので2本、ご紹介しましょう。

現場で悩んだとき、こうした説明する動画があると、ササッと対応できるから嬉しいよね。
しかもたった2分ほどなので、ありがたい!

高精度アダプタNeoflat &コレットD2取付と調整手順




Neoflat & D2繰り返し振れ精度測定デモ

緊急事態宣言解除と眉毛

コロナ禍前の業務では、原稿を書く(打つ)以外は、非常に外出が多かったため、時にはしょぼくれたおめめを大きく見せようとマツエクをしてみたり、これでも綺麗に見せようと、涙ぐましいメイク魂があったのですが、このコロナ禍で、長い自粛生活を余儀なくされ、もともとの性質であった筋金入りの怠け者ぶりが炸裂してしまいました。ああ、動くのも面倒くさい。

いったん床に転がってしまうと、立ち上がるのも億劫で、にょろにょろと蛇のように匍匐前進でテレビのリモコンを探す有様です。日を追うごとに、廃人ぶりは加速し、まったく自分に構わなくなりました。

日に日に濃くなる剛毛眉毛が面白くて、そのまま放置したところ―――。

濃っ!

あらやだ! 2センチもあるなんて!

このあと、緊急事態宣言が解除されたので、さすがに剃りました。久しぶりの眉の手入れでしたが、あまりにも伸びすぎたため、不器用にも加減が分からず、剃りすぎてしまうという大失態。

ま、いっか(笑)

まだまだ予断が許されない今日この頃ですが、皆様が健やかな毎日を過ごされますように☆

ブルーインパルス

医療従事者に敬意と感謝の気持ちを示したブルーインパルスが華麗に東京上空を飛んでいきました。

こりゃ~拝見するしかないわよね! ってな具合で、愛機をひっ下げ、外に出ました。

ちょうど、わたしの真上を通過し、大興奮!

しかしながら、そこは古い女。海老反り姿勢により、腰にダメージが(痛)

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ予断が許されない状態ですが、頑張って乗り切っていきましょうね!

危機一髪!

動きが取れないこのスキに設備やシステムの整備を実行しているのですが、それも人がいて成り立つものです。前代未聞のコロナ禍の影響で、ありとあらゆることが、遅延し、スムーズに進んでいきません。

しかも、あっちを直せば、こっちの不具合が見つかるといった、なんとも切ない事象の連続で、フトコロへのダメージは、どこかの歌詞ではないけれど、寄せては返す波のようにやって来ます。ああもうっ! 

とはいいつつ、肉体はかろうじて健康なので、週末は友人とオンライン呑み会で毒を発散することができているお陰で、メンタル的に持っている感じでしょうか。

そんな具合に、ゆっくり、ひとつひとつ問題を解消しているのですが、先日、非常に恐ろしいことが起こりました。

古い建物は、電気系統等の設備も昭和のままということが多いと思います。これがいかに恐ろしいことか―――。

建物が古いので、新しい電化製品を置こうにも電気工事が必要でしたので、工事が入ったのですが、そこで、机を動かしたところ――――。

「あああああっ! ヤバいです、ヤバいです!」と驚きの声。

あああああああっ!

中がいつの間にか燃えていた!

明らかにコンセント内部から火が出ていたことが分かりました。

しかも炭化しているではありませんか。
いつ、火が出たのかも分かりません。おそらく不在時か、寝ている時の出来事だったのでしょう、まったく異変に気付きませんでした。

商売上、紙類等の資料が多い環境ですから、火事になっても不思議ではない状態です。仰天しすぎて身震いがしました。足もガクガクです。

この原因は、設備の古さ故の、タコ足配線による電流が限度を超えたことで起きたと推測された。昔はエアコンの普及も今のようではありません。大昔はテレビも電話も一家に1台が当たり前でしたし、FAXもパソコンもありませんでした。今では、1人1台スマホの普及により、充電が必要で、仕事で使っているカメラもまた、フィルムからデジタル化が当たり前になりました。これも充電が必要です。

昔と違い、現在は、エアコン1台につき、専用電源を設置しなければならない決まりとなっています。建物が古い場合、注意が必要です。これは案外、知らない人もいるのではないでしょうか。

今回、たまたま電気工事の方が発見し、そのままきっちり直して下さったので、事なきを得ることができました。ありがとうございました。感謝感謝です。

不思議と燃えたあともあるのに奇跡的に火を出さず、己の運の良さにも驚いたくらいですが、背筋が凍り付くというのはこのこと!

近年における目覚ましいテクノロジーの変化に建物が追随していない場合、思わぬ火災を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

コロナ禍の影響で、ご自宅にいる時間が長くなっている皆様も、どうかご安全に!

野花

自粛で気づくこともある。

お詫びと訂正

ニュースに掲載したMOLDINOの製品名「アルファシリーズ」が「アフルァシリーズ」となっておりました。

訂正し、お詫び申し上げます。

※記事および画像の無断転用禁止