ブログ

不二越 取材こぼれ写真

繊細でありながらタフな工具「アクアREVOドリルマイクロ」で、このサンプルは作られていますが、穴数は4225穴、15μm以内の穴位置精度を実現しています。

毎度取材をして感じるのですが、切削工具は実に奥が深いです。

20220118b2220118b3

 

いつの間にか

220117b

先日、芝パークホテルにお伺いしたのですが、ガラリと雰囲気が変わり、お洒落になっていました。

このデザイン、素敵だと思いませんか♡

ところで、仕事部屋がなかなか暖かくならずキーボードを打つ手が思うように動きません。

寒さに負けず、今週も元気で過ごせますように(●∀ー)☆ 

 

 

幼少のころ・・・・

220110b

幼少のころ(3才くらいかな?)鮭は切り身で泳いでいると思っていました。

イメージ的にはこんな感じです(笑)

 

さて、2022年が幕を開けてから、すでに11日が経過しました。時間が経つのは早いものですね。

比較的症状が軽いと言われているオミクロンの感染者数が増加してきましたが、従来のインフルエンザ感染者数および重傷者数をオミクロンの感染者数および重傷者数と比較した報道があっても良いと勝手に思っております。

現在、感染しないよう最新の注意を払いつつ、業務に邁進していますが、いつ、どうなるか分かりませんから、やはり日々、後悔しないよう、やりたいことはすぐ実行の精神で乗り切っていこうと思っています。

今日の東京はものすごく寒いです。

冬は空気が乾燥しますから、皆様もうっかり口をあけて眠り、喉をやられて風邪をひかぬよう気をつけてくださいね。

 

 

 

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年も製造現場ドットコム、元気にスタートしました!

健康無くして収入なしの精神で、今年も元気に楽しく仕事をしていきたいと思います。

2022年は寒波とともに幕をあけました。今、こうして机に向かっておりますが、エアコンの効きも悪く、外の極寒ぶりが分かります。お参りに行く際には、暖かくして風邪をひかぬよう気をつけてくださいね☆

本年もよろしくお願い申し上げます。

では、よいお正月をお過ごしくださいませ。

 

今年もお世話になりました

2021年も今日で最後になりました。

今年は、コロナウイルスの感染者数拡大に予定の目処が立たず、皆様も大変気を揉まれたと思います。

その一方で、バーチャルのメリットを感じることができました。世界中、どこにいても瞬時につながることができるので、web会議システムは、現在、なくてはならないビジネスアイテムになったと思います。

年の後半になると製造業も内外需とも回復している兆しが見られました。現在、部材の不足や輸送費の高騰などが懸念されますが、先行きは持ち直しの動きが見えているので、期待したいところですね。

私事ですが、10月に虫垂に穴があいてしまうという不幸な出来事に見舞われましたが、意外にこれが自分にとって良い結果となりました。ダイエットをしてもちっとも痩せられなかったのに、あっという間に10代の頃の体重になりました。残念ながら10代特有のムチムチ感は全くありませんが、身体が軽くなり、あんなに苦しんでいた腰痛も軽減されました。物持ちが良いので、大昔に着用し、とっておいたお気に入りのお洋服も今年は着用できそうなので経済効果抜群です(笑)うっかりするとあっという間に元に戻りそうなので、気を引き締めてリバウンドをしないよう心がけます。

今年も大変お世話になりました。

コロナ禍での取材は厳しい局面もありましたが、ご多忙でありながら、自粛が緩和されたときに速やかにスケジュールに組み込んでくださったり、web会議システムを活用しながらご協力をしていただいたことに深く感謝申し上げます。コロナ禍でありながらも元気に滞ることなく仕事が出来たことも、ひとえに製造現場ドットコムを支えてくださる皆様方のご協力の賜であると厚く御礼を申し上げます。

来年の製造現場ドットコムは毎年恒例、縁起を担いで元旦から配信!

萩生田 光一 経済産業大臣ほか業界トップの年頭所感からスタートです。

2022年が皆様方にとりまして実り多い年でありますように。

来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

会員外も参加OK! 「金型シンポジウムin関西」が来年2月17日に開催

 日本金型工業会(会長=小出 悟 小出製作所社長)が来年2月17日(木)ホテルニューオータニで「新たな社会環境・新たなステージ・新たな価値創造」をテーマに「第6回 金型シンポジウムin関西」を開催します。今回は会員外の参加も受け付けるとのこと。

概要

日時:令和4年2月17日(木)13:00~19:00
場所:ホテルニューオータニ大阪 鳳凰の間
(大阪市中央区城見1-4-1 TEL:06-6941-1111)

●第1部 基調講演 13:10~14:20
 「CN(カーボンニュートラル)に対する企業の取組みと課題」
 講師:(株)ジェイテクト 経営役員 生産サポート本部 本部長
 カーボンニュートラル戦略室 総括
 佐野眞琴氏

●第2部 パネルディスカッション 14:00~16:30
 テーマ:「新たな社会環境・新たなステージ・新たな価値を創造 ~カーボンニュートラルへの対応~ 中小 企業の対応、時代への対応」
 *モデレータ 山中雅仁 副会長・西武支部長(ヤマナカゴーキン社長)
 
 *パネラー
 (株)伊吹機械  伊吹宏一社長
 中辻金型工業(株) 中辻 隆社長
 (株)ニチダイ 伊藤直紀社長
 福井精機工業(株) 清水一蔵社長
 近畿経済産業局 製造産業課(予定)

●第3部 懇親パーティー 17:00~19:00

参加費5,000円(当日支払い)

■定員:200名(先着順受付)
■申込締切日:令和4年1月25日(火)必着
E-mail:a.kawata@jdmia.or.jp

【問い合わせ先】(一社)日本金型工業会 TEL:03-5816-5911(川田) 
 

【お知らせ】化粧品開発展に「Labonos LDR200」が出展!

211223b

安田工業の3Dトランスレーター「Labonos LDR200」が、2022年1月12日(水)~14日(金)までの3日間、「東京ビッグサイト」で開催される「化粧品開発展」に出展いたします!

この製品は、専門知識も不要でスマホを操作するような簡単操作で3Dデータからリアルなものに切削加工で具現化する画期的なシステムを持つ〝切削加工機〟。

展示会ではマシンとともに樹脂のサンプル品を展示します。

化粧品の容器は可愛らしい形状をしているものも多く、その可愛さにやられて私のような者は購入を決める場合があります。以前、たまたま目に入った某メーカーさんのリップが猫型をしており、即、購入を決めたことがあります。

デザインは商品の売れ行きを左右しますが、デザインを具現化するための設備はとても重要だと思っています。

 

 

 

【取材こぼれ写真】岡本工作機械製作所 摺動面V-Vキサゲ構造

岡本工作機械製作所は、手作業によるキサゲ技術も伝承されています。

摺動面V-Vキサゲ機構をご覧下さい。

211220V-V構造

これによりバランスの取れたマシン構造となっているんですね。この作業、本当に本当に超絶気の遠くなるような職人技が必要になります。技能に加え、精神力がものを言う作業で、誰でもできる仕事ではありません。

 

211220B2

 

【取材こぼれ話】イワタツールの「ヘリカルエンドミル」 テストカットでみるスピード 

 イワタツールが開発した「ヘリカルエンドミル」ですが、加工時間を11秒~4秒弱まで短縮したというではありませんか!

 三重県にある中川製作所による協力のもと、ヘリカルエンドミルでアルミの加工テストを行いました。イワタツールの岩田社長いわく、「これにより、133時間の加工時間短縮が可能になりました!」と自信を見せております。

スピード感溢れる動画はこちら↓


 

安田工業「Labonos」 第10回プラスチックジャパンに出展!

211203b

12月8日(水)~10日(金)まで幕張メッセで開催される「第10回プラスチックジャパン」に、専門知識が不要の3Dデータから切削加工でものがつくれる画期的な「Labonos」が展示されます。

今回は樹脂型をメインに「Labnobos」の活用方法を紹介するとのこと。

注目は、世界初の樹脂溶融方式を実用化したモールドロック®とのコラボレーション。試作成型や小ロット成型の最適化について、デモを行いながら提案してくれます。

これからの時代は限定品、特殊品なども増えていく見込みです。射出成形品の少量生産が増加するうえ、メーカーにとって世界中のどこでも、同じものができるようになれば高能率にものをつくることができます。

このマシンの優位性は例えば、日本で3Dモデルを製作し、海外の量産拠点に3Dモデルデータを転送しリモート操作でものをつくることが可能になること。CAMレスの完全自動化、ピッ、ピッ、ピッとスマホ感覚でマシンを操作できるうえ、型納期は最短2日というから、一般成形機金型に比べて驚異的なスピードを誇ります。つまり、場所や時間を問わず、どこでもスピーディにものづくりができるという強みもあるんですね。

流通が少なくなった成形品は、金型を売却、部品在庫をなくしてその都度Labonosで部品加工をすることもできるので、マシンの応用も幅広い。これは経済効果を生む仕組みにもなります。

この未来志向のLabonosですが、これまた開発部隊もユニーク。
どんな思いでこのマシンをつくったのか―――ということをすでに取材をしております。

↓「Lanobos」の開発秘話はコチラ↓

https://seizougenba.com/node/12692

※記事および画像の無断転用禁止