「メカトロテックジャパン(MECT)2021」 一足早く注目各社の目玉製品を公開!

211018メカトロ500
前回展の様子

 

 10 月20 日(水)から10 月23日(土)までの4日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で「メカトロテックジャパン2021(通称MECT) 」(主催=ニュースダイジェスト社)が開催する。

 今回は過去最多となる426社・団体が出展。そのうち50社が初出展となる。展示規模は1,796小間で、国内における今年の工作機械見本市としては最大規模になる。また、海外からの参加は24カ国・地域を越える。

 製造現場ドットコムでは一足早く、「工作機械編」と「切削工具・周辺機器編」に分けて、注目メーカー各社の新技術や目玉製品を公開する。

 〈工作機械編:アマダグループ/OKK/岡本工作機械製作所/黒田精工/芝浦機械/DMG森精機/ナガセインテグレックス/牧野フライス精機/牧野フライス製作所/三井精機工業/安田工業/ヤマザキマザック/碌々産業〉

 〈切削工具・周辺機器編:イスカルジャパン/イワタツール/オーエスジー/北川鉄工所/住友電気工業/タンガロイ/大昭和精機/ダイジェット工業/日進工具/不二越/ブルーム-ノボテスト/三菱マテリアル/MOLDINO/ユキワ精工〉

工作機械編

「次世代のモノづくりにつなぐ、最新ソリューション」がテーマ
●アマダグループ

211018メカトロ1
BRAVIS-1212AJ

 アマダグループは、「次世代のモノづくりにつなぐ、最新ソリューション」をテーマに、自動車関連産業、工作機械、一般機械など中部地区でモノづくりに携わる来場者に向けて、板金、プレス、ばね、研削加工工程における最新加工技術を提案してくれる。

出展機種は各事業部とも新製品を出展。板金事業は、オールラウンドファイバーレーザマシン「BRAVIS-1212AJ (3kW)」を、研削盤事業は自動計測・補正加工を実現するデジタルプロファイル研削盤「DPG-150」を、プレス事業はプレスマシンとレベラーフィーダの操作画面・制御を一体化した順送プレス加工自動化システム「SDEW-8010iⅢ+ALFAS-03AZ」などを出展。会場では、1時間に一度定時プレゼンを行っている。また、10/20 13:00~より研削盤のワークショップ「自動計測・補正加工を実現するデジタルプロファイル研削盤『DPG-150』」も開催する。

「VMシリーズ」がモデルチェンジ!
●OKK

211018メカトロ2 同社の人気看板機種である〝VMシリーズ〟がモデルチェンジした! このシリーズは2011年にリニューアルしてから2020年までに約3600台の出荷実績がある。受注から出荷までのリードタイム短縮が課題となっていたが、今回市場の要求に応えるため、機械構成要素として生産が可能となるように設計レベルでの見直しを進めリードタイムを従来比で約2/3程度に短縮。部品の共通化とともに操作性の向上も図っている。

 マシンの特長は徹底した熱変位対策。今回、No.50ギヤ仕様主軸への冷却構造の強化を実施した。具体的には旧モデルより採用している主軸ベアリング冷却、ヘッド側面冷却に加え、ヘッド前面にも冷却油を循環させる構造を追加した。新しくなったVMシリーズに注目だ!

展示テーマは「ユーザーフレンドリーな機上測定」
●岡本工作機械製作所

211018メカトロ3
高精度成形研削盤HPG500NC

 平面・成形・円筒・内面・ロータリー・歯車研削盤の総合的メーカーであるOKAMOTOの展示テーマは「ユーザーフレンドリーな機上測定」。今回は展示機全てに機上測定装置が搭載されている。機上で加工前後の寸法をカンタン・スピーディーにチェックすることで段取り替え無し加工を行うことができ、精度・生産性向上・自動化に大きく貢献する。さらに高精度成形研削盤HPG500NCには全自動研削システムSELFで採用された砥石径検知センサーをオプションで搭載。完全自動化研削サイクルのデモを行う。高まる自動化のニーズには機上測定が必須! 同社では、「ユーザーフレンドリーな機上測定を市場にリーズナブルな価格で提供することで、研削盤の使い方に革命を起こします!」と自信を見せる。

 動画→https://youtu.be/FxbAeUiEGXI 

自動化対応のオプションが豊富
●黒田精工

211018メカトロ4
精密成型平面研削盤GS-45V

 今回の目玉は精密成型平面研削盤「GS-45V」。このマシンは、高機能、高精度に加え、左右送りに自社製精密ボールねじを採用することで、従来機比で本体消費電力を約60%削減する。サーボ化によりメンテ性の向上だけでなく油圧作動油が不要になったことで熱源でもある油圧レスとなり、環境対策と省スペースにも繋がることが特長だ。自動検知機能付きの自動ドレスと自動アタリ出し機能、機上計測システムなど、人手不足や自動化対応のオプションも豊富に用意。ユーザーニーズに合わせて最適な一台にカスタマイズが可能なことも嬉しい。

 その他にも簡単な操作で成形加工から検査まで幅広い用途に対応できる油圧拡張式クランピングツールである「ハイドロリックツール」も要注目。自動化にも対応し、歯車をはじめ同芯度が必要な丸物の精密加工が必要な様々なワークに対し容易に高精度クランプを実現。クランプ部の直径:マンドレルの場合6~250mm、クランプ部の直径:チャックの場合6~250mm、振れ精度:3μ以下!

1 / 6 ページ
 20211月sg_mol_edt_0