オークマ 「WEB OKUMA MACHINE FAIR 2020 -Die&Mold-」金型産業向けWEB展示会を開催中

 オークマが2020年7月29日より、金型加工をテーマにしたWEB展示会「WEB OKUMA MACHINE FAIR 2020-Die&Mold-」をスタートした。金型加工の課題解決に役立つ製品・技術・ソリューションを動画やセミナーを通して発信している。8月末まで公開予定。

 内容は、金型産業に役立つ製品情報の提供と、技術者によるプレゼンテーション動画や3DCG動画を用意。主な出展製品は、①立形マシニングセンタ「MB-80V」②5軸制御立形マシニングセンタ「UNIVERSAL CENTER MU-6300V」、③高精密部品・金型加工用立形マシニングセンタ「MP-46V」、④高速高品位5面加工門形マシニングセンタ「MCR-S」。

 他にもIoTである「Connect Plan」や独自の知能化技術、金型加工に特化したソリューションなどの情報を展開する。

 また、事前登録制のWEBセミナー(無料)を2種2回ずつ実施する。チャット機能による質疑応答など、リアルタイムでのコミュニケーションを予定している。

〈WEBセミナー〉
1.「大物金型における生産リードタイム短縮に向けた取組み」
講師:ものづくり DX センター センター長 角谷幸一
開催日:8 月 19 日(水)

2.「5 軸複合加工機が実現する作業効率の向上」
講師:金型プロジェクト プロジェクトリーダ 大橋一弘
開催日:8 月 20 日(木)