ダイベア 超高精度軸受「PRECILENCE®(プレシレンス)」の量産開始

 ダイベアはこのほど、ジェイテクトグループのグローバル戦略の下、急速な環境変化と顧客のニーズの高度化に対応した高付加価値製品の開発を目指す中、ジェイテクトと共同で超高精度軸受「PRECILENCE®(プレシレンス)」を開発し、量産を開始した。

 工作機械の高精度スピンドル用軸受には、精度と入手性の良さから、ドイツDIN規格の精度等級「P4S」が現在広く使用されているが、近年、工作機械精度の高度化に対応できる製品への需要の高まりを受け、ジェイテクトグループでは、精度・寿命そして静粛性などにおいて、従来品を上回る軸受の開発に取り組み、ダイベア和泉分工場において、DIN規格「P4S」と同等以上の軸受と、「最高精度」の回転性を実現する「P2」軸受の製造に成功した。

 同社では、PRECILENCE®はPRECISION(精度)とSILENCE(静粛)を一つにした、超高精度軸受のブランド名で、今後シリーズで展開していく。