ダイジェット工業 「タイラードリル」3D、5D タイプ新発売!

 ダイジェット工業が、このほど好評を博している、多機能座ぐり加工用ソリッドドリル「タイラードリル」に深穴加工用として 3D および 5D タイプを新発売した。なお、5Dタイプは本年6月発売予定。

 先端角180°の座ぐり加工用「タイラードリル」に、今回ユーザーからの要望が多かった深穴加工用の有効加工深さ3Dタイプおよび 5Dタイプを新シリーズとしてラインナップ。炭素鋼、工具鋼、プリハードン鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、アルミ合金の座ぐり、穴あけ加工に威力を発揮する。

 特長は以下の通り。

 ① 広い溝形状で切りくず排出性に優れ、高精度穴加工が可能な先端角180°の座ぐり加工用ソリッドドリル。
 ② 傾斜面、円筒面、交差穴への穴開け加工において、径方向への力が小さいため、穴の曲がりおよびバリの発生が少なく、工程短縮が可能。
 ③ ドリル剛性を向上させ、ダブルマージン仕様、低抵抗刃形を採用することにより、安定した3D、5Dの深い穴加工が可能。
 ④ オイルホール仕様により刃先に適切にクーラント供給ができ、切りくず詰まりと加工刃部の切削熱を抑制可能。
 ⑤ ドリル材種は、耐欠損性と耐摩耗性のバランスに優れたコーティングを採用、また平滑化処理により長寿命化を実現。
 ⑥ 炭素鋼・鋳鉄・工具鋼・ステンレス鋼・プリハードン鋼など幅広い被削材に対応。

■サイズ・価格
 ●形番
 ・LD3D 形(3D タイプ、有効加工深さは工具径×3 倍まで)
 ・LD5D 形(5D タイプ、有効加工深さは工具径×5 倍まで)
 〈サイズ〉いずれもφ3~φ14(計 190 形番)をラインナップ

 ●標準価格:6,960 円~33,100 円(税抜き)