タンガロイが新鋼旋削加工用CVDコーティング材種「T9225」を発売

190114タンガロイ タンガロイ(社長=木下聡氏)は、このほど新鋼旋削加工用CVDコーティング材種「T9225」の販売を開始した。

 新鋼旋削加工用材種「T9225」の最大の特長は、P25グレード最高クラスの耐欠損性と従来製品を大幅に上回る圧倒的な耐摩耗性を実現したこと。これらを実現するため、以下の3つの新技術を採用した。

 ① 厚膜化と圧倒的な均一組織化を実現した耐摩耗性強化Al2O3被膜
 ② 同社従来被膜よりも1.5倍以上硬い高硬度セラミクス層
 ③ 同社独自の新技術である被膜強靭化処理「New Premium Tec」

 これら3つの新技術を採用した新鋼旋削加工用材種「T9225」は、従来品に対して、幅広い加工条件下で、長寿命・安定した性能を発揮する高汎用性材種であり、顧客の生産性を確実に向上させる。また、「T9225」は、発売以来高い評価を得ている「T9215」と合わせて、T9200シリーズを構築し、あらゆる加工形態に対応することが可能となっている。

 「T9225」の設定アイテムは、弊社の鋼旋削加工用第一推奨ブレーカシリーズである、TSFブレーカ、TMブレーカ及びTHブレーカを中心に、標準的なサイズだけでなく、発売以来好評のISO-EcoTurnにも標準設定する。全237アイテムを発売、あらゆる加工形態に「T9225」を使用できるラインナップである。

■主な特長
 ・従来品よりも厚膜化し、圧倒的な均一組織化を実現した耐摩耗性強化Al2O3被膜
 ・従来比で1.5倍硬い高硬度セラミクス層⇒ これらにより、圧倒的な耐摩耗性を実現
 ・被膜強靭化処理「New Premium Tec」により安定加工の実現

■主な形番と標準価格(税抜き)
 ・CNMG120408-TSF T9225:940円
 ・WNMG080412-TM T9225:940円
 ・VNMG120408E-TM T9225:1,110円
 ・CCMT09T304-PS T9225:1,070円